雲のやすらぎの口コミや種類、価格などを解説しています。雲のやすらぎは、まるで雲の上に寝ているような快適な寝心地を実現する敷布団です。朝スッキリしない、首・肩・腰に負担がかかって痛いという方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 雲のやすらぎを購入前に

雲のやすらぎを購入前に

雲のやすらぎは重さがデメリット?

雲のやすらぎは重さがデメリットだといわれます。

 

雲のやすらぎの重さはどのくらいあるかというとシングルサイズで7㎏ほどだということです。雲のやすらぎにはセミダブル、ダブルもありますから、こうしたサイズを選べばもっと重さが増します。一般的に販売されている敷布団は5㎏程度のものが多いことを考えるとやや重さが気になりますね。

 

敷布団は毎日使うものですし、寝ているときの汗の量を考えるとお天気の良い日はこまめに布団を干したいですね。

 

でも7㎏の敷布団をベランダの手すりや物干しざおの高さまで持ち上げるのは結構大変な作業になります。腰に負担がかからないからということで雲のやすらぎを購入する方も多いので、そういう方たちにとっては負担が大きいですね。

 

雲のやすらぎの公式サイトによれば、雲のやすらぎのふだんのお手入れは、天気の良い日に、湿気の少ない10~14時くらいを目安に天日干しするとよいようです。

 

天日干しできないときには雲のやすらぎを裏返して下になっていた側に空気をあてる必要があるそうです。雲のやすらぎを敷きっぱなしにしておくのはよくないということですね。

 

でも雲のやすらぎの重さが原因でこうしたお手入れができない場合は布団乾燥機などを使うと重さを気にせず湿気を逃がすことができます。

 

雲のやすらぎのデメリットは重さだけではありません。雲のやすらぎは厚さも寝心地のよさの理由になっていますが、厚さ17㎝というのは収納のことを考えるとデメリットになります。

 

床や畳に雲のやすらぎを敷いている場合、日中は押し入れやクローゼットに布団を上げておきますが、雲のやすらぎは三つ折りに畳んだ高さがかなりのかさになります。

 

 

雲のやすらぎはふだんのお手入れと収納について考えておく必要がありますね。

失敗しない敷布団選びは雲のやすらぎ

失敗しない敷布団選びなら雲のやすらぎを検討してみるとよいと思います。

 

雲のやすらぎの前に敷布団を買って使ってみて、やっぱり失敗だったという経験をしたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

 

雲のやすらぎもそうですが、敷布団は実際に寝てみないと本当に自分にあっているのかわかりません。雲のやすらぎではできないことなのですが、もし店頭に並べられた敷布団に横になってみても一晩睡眠をとったあとの寝起きに感じられる敷布団の良し悪しはわからないのです。

 

でも現実には敷布団はせいぜい横になってみるくらいで購入するかどうか決めるのが一般的です。新しく購入した敷布団で寝てみたら硬すぎた、柔らかすぎた、など寝心地が気に入らないことがありますね。

 

それに寝起きがすっきりしない、眠って体を休めたはずなのに寝起きに体のあちこちが痛い、などというケースもあります。敷布団選びが失敗だったということですね。

 

ではどうしたら敷布団を失敗なく購入できるのでしょうか。

 

失敗のない敷布団選びで一番大切なのは、ほどよく体にかかる力を分散させることができているかどうか、ということです。寝たときに自分の体の重みが自然に広い範囲に分散されて体のどこにも負担をかけずに睡眠がとれることが大切なのです。

 

そのほか、失敗なく敷布団を選ぶなら、通気性のよい構造、素材かどうか、防ダニ効果は十分かどうか、といったことをチェックしましょう。

 

ベッドで使うのか、フローリングや畳で使うのかによって普段のお手入れも変わりますが、お手入れが簡単なほうがこまめにケアできて敷布団を清潔に保てますね。

 

雲のやすらぎをはじめ、実際に使ってみなくてもできるだけその製品の情報を集めて失敗しない敷布団選びをしてください。

Page 2 / 212
PAGETOP
Copyright(c) 雲のやすらぎの口コミ、種類、価格など解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「雲のやすらぎの口コミ、種類、価格など解説」(http://www.estudiodoavesso.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。